top of page

梅護寺数珠掛桜

更新日:2月17日

桜の園北側と正面口通路(ちょっと分かりにくい)にあります。(公園地図)

サトザクラの栽培品種で、原木は新潟県阿賀野市の梅護寺にあり、親鸞上人が桜の枝に数珠を掛けたら、数珠の様な桜が咲いたと伝えられています。

花は菊咲き(花弁数90枚以上)で、二段咲きをするものもあり、垂れて咲きます。花弁は淡紅色で中心が紅色になります。

開花判断が難しいのですが、小金井公園(桜守の会として)では一段目が完全に開いた状態を開花としています。

2023年は4月5日に開花しました。



閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page