top of page

楊貴妃

更新日:2月17日

楊貴妃は桜の園北側とソリゲレンデ北側にあります。(公園地図)

江戸初期から名前はありますが、現在栽培されているものは、明治期の荒川堤から広まった栽培品種です。

花は淡紅色の大輪で、枝先に鞠のように集まる八重(花弁15~20枚)咲きです。

奈良の興福寺にいた玄宗という僧侶が好んだ桜に「楊貴妃」と名付けたと言われています。

その名の通りとても美しい桜です。

2023年は4月1日に開花しました。





閲覧数:112回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page