top of page

梅護寺数珠掛桜が咲き始めました♪

更新日:4月17日

ばいごじじゅずかけざくら

と読みます。

サトザクラの栽培品種で原木は新潟県阿賀野市の梅護寺にあります。親鸞上人が桜の木に数珠をかけたら数珠のような花が咲いたと言われている桜です。


私事ですが、昨年この原木を見に行きました。4月末でしたがまだ花が咲いていました。神代曙や山高神代のような「原木!!!」という古く大きな木が1本あるわけではなく、同じくらいのサイズの数本の梅護寺数珠掛桜があるという形でした。

私は原木を見に行くのが好きなのでこれからも色々な桜の原木を少しずつ見て歩きたいと思っています。


小金井公園ではこの梅護寺数珠掛桜は桜の園中央部にあります。


二段咲きもする菊咲き(花弁100枚以上)、花が垂れて咲き、淡紅色で中心部が紅色になります。

彼岸系の桜と比べると真逆のタイプに見えます。桜も種類が多いですね。


この季節、華やかな八重桜をどうぞお楽しみください。





………………………🌸………………………


桜守の会では一緒に活動する仲間を募集しています。(現在20名ほど)

ご興味があれば見学、体験いつでも大歓迎です。


毎週火曜日、木曜日いずれも9:30~12:00(雨天中止)

(HPのスケジュールをご確認いただくかサービスセンターへお問い合わせいただけると確実です。042-385-5611)


○毎回は出られないわ→いつでもお休みできます

○力仕事かしら?→色々な仕事があります。得意分野で活躍していただけるように配置します

○難しいことはできないな、経験ないし→もちろん先輩と一緒に活動するので大丈夫です


仲間と一緒に20年後、30年後の小金井公園を夢見て働きませんか。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page