• fuyu

小学生とフィールドワーク~その2~

昨日は小雨の中、上向台小学校の3年4組の皆さんとフィールドワークをしました。

「衣通姫に似る里桜」の根元に咲く諸葛菜の種取りと除草作業です。種の採取の仕方は前回の菜の花の種採取と同じやり方で行い、除草の方は小雨が幸いして土が柔らかく小さなシャベルや素手でも簡単に作業することが出来ました。抜いた雑草は再び根元に撒き、後から雑草が生えにくい環境づくりをしました。


昨日は種が濡れていて量を計れなかったのですが、乾かした後、9月下旬に種まき、水やり、間引き等しながら春の桜の時期にタイミングよく咲くようにしていきます。諸葛菜は菜の花に似ていますが紫色の花をつけます。


種取り、除草作業を体験してくれた子どもたちも諸葛菜の成長に興味を持って見守ってくれたらと思います。

一緒に作業が出来て桜守の会スタッフも楽しかったです。ありがとうございました。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は一昨日に引き続き桜の木の根元に諸葛菜の種まきをしました。小金井公園のシンボルツリーのオオシマザクラです。 根元の除草をして、種まき、踏みつけ、水撒き。こちらも上向台小学校の3年生がフィールドワークの際に採取した種です。木が大きいので作業範囲が広くたいへんでした。 また、今日は新しいメンバーの入会がありました。 コロナ禍下でも屋外での作業のため感染の危険が少なく、また、春の短い期間の開花のため