top of page

からみ枝、ひこばえ、胴吹きを取り除いています

更新日:2023年2月25日


昔は「桜切るばか、梅切らぬばか」と言いましたが、今は「桜切るばか、梅切らぬばかではなく、桜の太枝を切るまで放っておくばか」http://www.jpgreen.or.jp/greenage/archive/jyusei/200704_02wada.pdf サクラの材質腐朽病害の診断と治療/和田 博幸((財)日本花の会花と緑の研究所) が定説になっています。からみ枝は他の枝とぶつかると傷がつき腐朽菌が入ることがあります。ですので、数年後の樹形を考えつつ若木の枝を中心に「間引き」をしています。細い枝なら桜にとってダメージはほとんどありません。

 

大きな高枝鋸などはあまり使わないで、1センチくらいの太さの枝を切る高枝切りハサミとせいぜい2~3センチの枝を切る高枝鋸が私たちの武器(?)相棒(?)になります。


また、昨日は作業中に「ブログ読んでます」とお声かけをいただきました。とても嬉しかったです。ありがとうございました。

公園をお散歩されている皆さまもどうぞお気軽にお声かけください。


↓写真は昨日のコブクザクラ(左)とジュウガツザクラ(右)です↓



閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます

少し遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします 桜守の会は1月4日より活動を始めています。 先週は役員会、昨日は定例会を行い、今年の活動等話し合いました。 ①今年は小金井公園にて桜の開花時期に東京都公園協会主催のライトアップが行われます。日程はまたお知らせします。 ②また、桜守の会として代表となる桜の木や桜守の会の活動などを知っていただき、いつまでも美しい桜の公園として親しんでいただくために「ガ

bottom of page